マグニバ プラチナ 3

マグニバ プラチナ 3 は、乾物率が30%より高いイネ科牧草とマメ科牧草用のサイレージ調製材です。稲ホールクロップサイレージなどにお使いいただくことができます。乾物率が高く、糖含量が低く、たんぱく質含量の高い原料草は、サイレージ発酵が難しいと同時に、カビの発生やサイロ開封後の発熱リスクが高いことが知られています。マグニバ プラチナ 3は、乳酸菌3菌株と繊維分解酵素の働きによって、サイレージ発酵を促すと共に好気的安定性を高めます。

国によっては入手できない製品や、同じ効果を謳えない製品があります。 dsfsdfsdf


畜種
特長期待される働きApplications
製品概要

特長

マグニバ プラチナ 3には、繊維分解酵素と優れた酸性化をもたらす乳酸菌ペディオコッカス ペントサセウス NCIMB 12455 、さらに好気的安定性をもたらす乳酸菌レンチラクトバチルス ヒルガルディ CNCM I-4785 とレンチラクトバチルス ブーケンライ NCIMB 40788*が配合されています。これらの組み合わせにより、サイレージ発酵の酸性化を促して栄養価の高いサイレージを作るとともに、カビの発生とサイロ開封後の発熱を抑えます。

マグニバは、欧州において有機農場で使用することができます(ECNo 2018/848 Certified by GB-ORG-02)。

期待される働き

  • サイロ詰め込み後の素早い pHの低下
  • クロストリジウム属細菌や大腸菌(腸内細菌科菌群)などの、好ましくない細菌の増殖の迅速な抑制
  • 好気的安定性の向上
    • サイロ開封後の発熱やカビの発生を抑制します
    • サイロ開封後の乾物ロスを抑え、飼料を有効利用します
  • 飼料価値の向上
    • 二次発酵(発熱やカビ)による栄養価の損失を抑制します
    • サイレージ発酵中のエネルギー損失の抑制
    • サイレージ発酵中のタンパク質の分解の抑制
    • ルーメン内での繊維消化率の向上
    • 動物の生産成績の向上

Applications

マグニバ プラチナ 3は、水に溶ける白い粉末です。水との希釈率は、お使いの添加器の種類によって異なりますので、ご使用前にお問い合わせ下さいませ。

より詳しい情報が必要ですか?

お問い合わせ